2011/05/26

*おつまみ* 塩豚のカシスウーロン



キタ!
閃いたんです。
「塩豚をカシスウーロンで煮込んだらどうだろう?」と。
Yes !
良い結果が出ました。
ものすごく美味い!
合わせるお酒はカシスウーロンはもちろんですが、芋焼酎のロックもいいんじゃないでしょうか?ビールもいいですね。
そしてこれ、丼にしても美味しい!










【材料】
 
<塩豚>
・ 豚バラ肉 ・・・ 350~400g
・ 塩 ・・・ 適量
・ 荒く潰した黒粒コショウ ・・・ 適量
・ ローリエ ・・・ 3枚

<カシス・ウーロン>
・ クレーム・ド・カシス(カシス・リキュール) ・・・ 250
・ ウーロン茶 ・・・ 1000cc

・ 万能ねぎの小口切り ・・・ 適量

【作り方】

<塩豚>
豚バラ肉をフォークなどで刺し、まんべんなく穴をあける。
塩を全体に擦りこむ。30分位おき、水分が出てきたらペーパータオルなどで水分を軽く拭取る。
荒く潰した黒粒コショウ・ちぎったローリエを肉の両面につけ、ペーパータオルで巻く。
さらにラップで巻き、軽めの重しをのせて冷蔵庫に入れる。
2~3日位かけて味をなじませる。
※ 毎日ペーパータオルを替えて下さい。

<カシス・ウーロンで塩豚を煮込む
塩豚についている黒コショウとローリエをはがし、表面を色よく焼く。
クレーム・ド・カシス、ウーロン茶、塩豚からはがしたローリエ・黒コショウを鍋に入れ、一煮立ちさせる。
塩豚を加え、沸騰させる。
沸騰したら軽く沸く位の火加減にし、アクをとる。10分間、この作業をする。
落とし蓋・鍋の蓋をし、極弱火で煮込む。目安は1.5時間。
※ ウチにはサイズの合う鍋の蓋がないので、アルミホイルで代用しました。
塩豚がやわらかくなったら、火を止め1時間休ませる。

<仕上げ>
カシス・ウーロンと共に塩豚を再加熱する。
塩豚が芯まで温まったら取り出し、適当な大きさに切る。
カシス・ウーロンをとろみがつくまで煮詰めてソースにする。
※ 煮詰める時に液体に浮いているアクや脂は取り除いて下さい。

【盛り付け】
塩豚・カシスウーロンのソース・万能ねぎの小口切りを盛り付ける。

完成!

お酒が進む進む・・・。

おもてなし的バージョンも作りました。
豚のカシスウーロン セロリのピュレ・にんにくのコンフィ・エリンギ・カシスマスタードと共に



レシピブログ にほんブログ村 に参加しています
にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ

3 件のコメント:

  1. こんばんは~

    すばらしい閃き!しかも美味そうだし、コクのある色がいいですね~

    私は芋焼酎のロックでいきたいですね。

    酒が進みすぎると太りますよ(笑)

    返信削除
  2. ebichanさん

    コメントありがとうございます。

    お酒、飲みすぎ注意します(笑)

    返信削除
  3. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...