2011/05/03

ある日のコース 前菜2:ゴボウの洋風茶碗蒸し



前菜の2品目は、スープ的な位置付けです。

人参やかぼちゃで作った方が彩りが良いんですけど、僕はゴボウで作るロワイヤルが好きなんですよね。
見た目はそっけないけれど、食べると非常に美味しい。このうらはらな感じもたまりません。














【材料】

<ゴボウのピュレ>
・ ゴボウ ・・・ 1本
・ 玉ねぎ ・・・ 1/2個
・ 固形ブイヨン ・・・ 1個
・ ローリエ ・・・ 1枚

<生地>
・ 卵 ・・・ 1個
・ 生クリーム:50ccと上記のゴボウのピュレを加えたもの ・・・ 100cc
・ 牛乳 ・・・ 100cc

・ ピンクペッパー ・・・ 適量

【作り方】

<ゴボウのピュレ>
ゴボウは泥をしっかり洗い、斜めに薄切りにする。
玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにする。
※ 繊維に逆らって切ることで、玉ねぎの甘味・旨味が出やすくなります。
鍋にゴボウと玉ねぎを入れ、サラダ油・無塩バター少々で汗をかかせるように弱火で炒める。
玉ねぎがしんなりしてきたら、水・固形ブイヨン・ローリエを加えしっかり煮詰める。
※ あく取りをしっかりして下さい!
煮詰まったら、ブレンダーやバーミキサーでピュレ状にし、冷ます。


<生地>
ボールに卵を入れ、泡立てないように腰を切る。
分量の、生クリーム+ゴボウのピュレ・牛乳を加え、混ぜる。
味をみて、味が足らなければ塩・コショウで調整する。

器に生地を適量をはり、アルミホイルで蓋をする。
※ 表面に泡がある時はチャッカマンなどで火をあてると泡が消えます。
弱火~中火で15分位蒸す。
※ 蒸し器が無い時は、深めの鍋に直接器を入れて蒸します。この時、火加減は必ず弱火で!
※ 竹串を刺して、透明な液体が浮いてくれば出来上がりの目安です。

器に付いた水分をペーパーなどで拭取り、ピンクペッパーを乗せる。
下皿に乗せる。

完成!

レシピブログに参加しています

Posted by Picasa

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...