2012/01/26

じゃがいものグラタン


寒い日には、温かいグラタンが食べたくなります。

おかずにも、お酒のおつまみにもバッチリなじゃがいものグラタンを作りました。
大人も子供も、みんなが大好きな味。

こういう料理、ほっとしますよね。
是非、作ってみて下さい。







【材料】

・ じゃがいも ・・・ 2
・ 玉ねぎ ・・・ 1/4
・ ベーコン ・・・ 50g
・ 牛乳 ・・・ 80
・ パン粉 ・・・ 適量
・ 溶かした無塩バター ・・・ 適量

【作り方】

① じゃがいもを水からゆでる。
② ①のじゃがいもの芯まで火が通ったら取り出し、半割にする。
③ ②の半割にしたじゃがいもの中身をスプーン等で取り出し、マッシュする。皮は取っておく。
④ ベーコンをサイの目切りにする。玉ねぎをみじん切りする。
⑤ ④のベーコン・玉ねぎを、玉ねぎがしんなりするまで、焦げないようにバターでソテーする。
⑥ ⑤に③のじゃがいもと牛乳を加え、適度な硬さになるまで煮詰める。塩・コショウで味を整える。
⑦ ③の取っておいたじゃがいもの皮に⑥を詰め、パン粉をふり、パン粉に溶かした無塩バターをかける。
⑧ オーブンでパン粉がきつね色になるまで、⑦を焼く。
⑨ ⑧をお皿に盛りつける。

完成!


先日、「エスコフィエ」をペラペラと見ていて「ポム・デ・テール・メナジェール」を見つけました。
寒いし、じゃがいももあるし、これにしよう!って事で作った一品。
「ポム・デ・テール・メナジェール」はベーコンではなく、生ハムを使います。今回、生ハムが無かったんで、ベーコンで代用しました。

それにしても、クラシックな料理・レシピというのは偉大で、本当に美味しい。
「古い」のではなく、「どんな時代でも素晴らしい」のがクラシックだ、と改めて思わせてくれました。


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ 世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ

2012/01/24

海老とキャベツのサラダ


最近、野菜の値段が上がってますね。
こういう時は、比較的価格の安定している食材を選んで組み合わせる料理もいいですよね。

今回は、ごくありふれた食材を一つ一つ丁寧に調理し、組み合わせたサラダです。
ポイントは海老のゆで方と、プチトマト。
プチトマトはセミセミドライ位の感覚で火を通します。プチトマトの甘みと旨味が引き出されて、美味。今回の組み合わせのキーです。








【材料】

・ 海老 ・・・ 2

<クールブイヨン(海老のゆで汁)> 
・ A:玉ねぎのスライス ・・・ 1/4
・ A:人参のスライス ・・・ 1/3
・ A:レモンスライス ・・・ 2
・ A:ローリエ ・・・ 1
・ A:タイム ・・・ 1
・ A:白粒コショウ ・・・ 少々
・ A:塩 ・・・ 適量
・ A:水 ・・・ 1000
・ A:白ワイン ・・・ 100
・ 白ワインビネガー ・・・ 30

<味を凝縮させたプチトマト>
・ プチトマト ・・・ 2
・ 塩・コショウ ・・・ 適量

<キャベツのサラダ>
・ 千切りキャベツ ・・・ ひとつかみ
・ マヨネーズ ・・・ 適量
※ マヨネーズは手作りすると、上品な味で、より美味しいです!
・ 塩・コショウ ・・・ 少々
・ ケッパーの酢 ・・・ ごく少量

・ ケッパー ・・・ 3

【作り方】

<海老をゆでる>
① 海老は頭と背ワタを取り除く。
② クールブイヨンを作る。Aの材料を鍋に入れて、沸かす。
③ ②が沸いたら灰汁を取り、弱火で20分炊く。
④ ③に白ワインビネガーを加え、沸かす。
⑤ 海老を④に入れて、再沸騰したら2分ゆでる。
⑥ ⑤の火を止め、そのまま2分おく。
⑦ ⑥から海老を取りだし、急冷する。
⑧ ⑦の海老がしっかり冷めたら、皮を取り除き、半分に切る。

<味を凝縮させたプチトマト>
① オーブンを100℃に余熱する。
② プチトマトを45㎜の厚さに横にスライスする。
③ ②をオーブンペーパーに並べて、軽く塩・コショウする。
④ ③を①のオーブンに約40分入れる。
⑤ ④を取りだして冷ます。

<キャベツのサラダ>
① キャベツの千切りをボールに入れ、軽く塩・コショウする。
② ①にケッパーの酢をごく少量加え、混ぜる。
③ ②にマヨネーズを加え、あえる。

【盛り付け】

直径10㎝のセルクルでキャベツのサラダを盛り付ける。
上に味を凝縮させたプチトマトを並べる。
さらに海老とケッパーを盛り付ける。

完成!

今回、海老はクールブイヨンでゆでるのがベストですが、「めんどうだな~」なんていう時は、お湯に塩・コショウ・酢を加えたゆで汁でも良いと思います。
クールブイヨンは、水に野菜と香辛料の香りを移したゆで汁です。においのきつい食材(特に甲殻類)をゆでる時に使います。簡単に出来るので、是非試してみて下さい。一味変わりますよ!


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ 世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ

2012/01/12

魚介のトマト鍋


寒いですね。
そんな時は、身体が温まる料理が食べたい。

今回は生姜と根菜をたっぷり使った魚介のトマト鍋を作りました。
手軽に出来て、野菜を沢山摂れますし、風邪予防にもなります。

寒い日々が続きますが、しっかり身体を温めて乗り切りましょう!







【材料】

・ 塩鮭(生鮭でも可) ・・・ 2
・ 海老 ・・・ 4

・ A:にんにく ・・・ 1
・ A:生姜 ・・・ にんにくと同じ位の量
・ A:鷹の爪 ・・・ 少々
・ A:オリーブオイル ・・・ 少々

・ B:玉ねぎ ・・・ 1
・ B:ねぎ ・・・ 1
・ B:人参 ・・・ 1/2
・ B:大根 ・・・ 適量

・ C:白菜 ・・・ 適量
・ C:しめじ ・・・ 1/2パック
・ C:大根の葉 ・・・ 適量

・ トマトホール缶 ・・・ 1/2
・ 固形ブイヨン ・・・ 1.5
・ 水 ・・・ 適量
・ ローリエ ・・・ 1
・ タイム(あれば) ・・・ 1
・ 醤油 ・・・ 20
・ 塩・コショウ ・・・ 適量

【作り方】

① 鍋に、Aの薄切りにしたにんにく・千切りにした生姜・鷹の爪を入れ、オリーブオイル少々で香りを出すように弱火で火を通す。
② ①に適当な大きさに切ったBの野菜を加えて、軽く塩・コショウし、さらに火を通す。
③ ②の野菜がしんなりしてきたら、トマトホールを加え、水分がほとんど無くなるまで煮詰める。
④ ③に適当な大きさに切ったCの野菜、水を加えてひと煮立ちさせる。
⑤ ④の灰汁を取り、固形ブイヨン・ローリエ・タイムを加え、野菜が柔らかくなるまで火を通す。
⑥ 塩鮭と海老を加えて火を通す。
⑦ ⑥に醤油を加える。

完成!

醤油を少し加える事で、味が締まり、ぐっと美味しくなります。
ご飯にかけて食べても非常に美味しい。

また、以前「旨味」という記事でも触れましたが、醤油は旨味成分の塊です。
隠し味としてその力を発揮しています。


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ 世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...