2012/08/05

【母が作る】チレ・コン・ケソ【メキシコ料理】


母が手の混んだ料理を作ってくれました。

この料理は母の友人が’70年代にメキシコにいた時、現地の日系人に教わった料理だそう。
いわしの醤油煮缶が入っている辺りに日本ぽさを感じますよね。
多分、オイルサーディンを置き換えたんだと思います。

で。
これ、本当に美味しいんですよ。
夏の暑い時期、スタミナつけるには絶好ですね。
ビールと本当に良く合います。
テキーラトニックなんかもバッチリだと思います。

ちなみに、
チレ=ピーマン コン=と(with ですね) ケソ=チーズ
という意味です。


【材料】 分量は適当です。お好みで作って下さい。

・ ピーマン
・ 玉ねぎのみじん切り
・ いわしの醤油煮缶
・ ケチャップ
・ ピザチーズ
・ サルサ(タコスソース)

<衣>
・ 小麦粉
・ 卵白

・ 揚げ油

<ソース>
・ 生クリーム+牛乳(11の割合で)
※ 母は牛乳を豆乳に置き換えました。豆乳の方がコクが出ますね。お好みでどうぞ!

【作り方】

① ピーマンを直火にかけ、皮を炙り、やわらかくする。ヘタを取り除き、ピーマンの身を破かないように中の種も取り除く。
② ボールで玉ねぎのみじん切り・いわしの醤油煮缶・ケチャップを合わせる。
③ ①のピーマンに、②の材料・ピザチーズ・サルサ・②の材料の順に上から詰めていく。
※ ヘタを取り除いた部分に②の材料が来るようにすると、ピザチーズ・サルサが外に出づらくなります。
④ ③の外面全体に小麦粉をまぶす。
※ ヘタを取り除いた部分には、しっかりと小麦粉を付けて下さい。
⑤ 卵白をメレンゲにして④のピーマンの衣にする。
⑥ ⑤を揚げ油で揚げる。
⑦ 耐熱用の器に⑥のピーマンを並べ、生クリームと牛乳のソースをピーマンが半分浸かる位入れる。
⑧ 高温のオーブンで⑦を加熱する。
⑨ ピーマンの中身が温かくなったら出来上がり。

ピーマンの詰め物は、ひき肉を炒めたもの等お好みの食材にしても美味しいと思います!


にほんブログ村 料理ブログ プロの料理へ 世界の家庭料理レシピサイト タベラッテ

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...