2011/04/27

小鯛とあさりのアクアパッツァ





先日実家に帰った時、釣りが趣味のご近所さんから大量のカワハギを頂きました。まさに大漁。
その中に小鯛が1尾まぎれてまして。
ちょうど白ワインが飲みたかったんで、作りました。
非常に簡単に、フライパン1つで出来て美味しいので、是非トライしてみて下さい。
ちなみに、実家の庭にはローリエの木が植えてあり、摘みたて。市販品とは香りが全然違います。摘みたてのローリエは軽く酔う位強い香りがします。非常に強い木なので、簡単に育てられますよ。



【材料】

・ 小鯛(白身魚の切り身でも充分美味しく出来ます!)
・ アサリ
・ にんにく
・ タカの爪
・ プチトマト(普通のトマト、ドライトマトでも大丈夫!)
・ オリーブ
・ 白ワイン
・ 水
・ イタリアンパセリのみじん切り(普通のパセリでも大丈夫!)
・ エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル


【作り方】

<小鯛>
うろこ・内臓・エラを取り除く。よく洗ったら水分をペーパーなどで拭取る。
塩をして15~20分置く。魚からしみ出した水分は拭取っておく。コショウをする。
※ こうすると魚の臭みが抜けます。

<にんにく・タカの爪>
アーリオ・オーリオの準備をしておく。
※ にんにくは皮を剥き、芯をとる。薄切りにする。
※ タカの爪はへたと種を取り除く。

・ フライパンにオリーブオイル、にんにく、タカの爪を入れ、弱火で香りを出す。
※ 必ず弱火で!焦がさないようにお願いします!
・ 香りが出てきたら小鯛をフライパンに入れ、火力を上げて両面色良く焼く
※ 表面が焼ければ大丈夫です。
・ アサリを入れてから、白ワインをそそぎ入れる。白ワインのアルコール分を飛ばす。
・ ローリエ・水を入れて蓋をして火を通す。
・ 火が通ったら、プチトマト・オリーブを加え、温める。
・ ソースの味を整える。
※ 味がもの足らなくて水分が多い時は、具材をお皿に盛りつけた後、煮詰めましょう。
旨味・塩味が凝集するので、ソースの水分が適量になったところで味を整えて下さい。


【盛り付け】
お皿に具材を盛り、エクストラ・ヴァージン・オリーブオイル少々をまわしかけ、イタリアンパセリを適量ふりかける。
完成です!
※ エクストラ・ヴァージン・オリーブオイルには火を通さないようにして下さい。香りが飛んでしまいます。

お好みでアンチョビやケッパーを加えても美味しく仕上がります。
僕はケッパーの酸味が少し加わるのが好きなんですが、この時は無かったのが残念。

今回使った食器はLENOXというアメリカのメーカーのものです。オフホワイトの生地が独特。
共和党系の大統領の時にはホワイトハウスで使われる食器だ、って聞いたことがあります。
これは30年以上前、アメリカに居た時に両親が買ったものです。当時は1$が300円位だったので、それこそ清水の舞台から飛び降りる気持ちで買ったらしい。
非常に思い入れのある食器なんです。余談でした。

レシピブログに参加しています

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...