2011/04/27

道具は「身体の拡張から開発された物」であり、料理において道具を操作をするのは手です。
鍋・釜や食器・箸・ナイフ・フォークが無かった頃の人間は、手で液体をすくい、食べ物を口に運んでいたわけで、効率的に行うために開発された食器や道具は人類の食文化を飛躍的に高い次元へ押し進めたと考えられます。

また、手の最も優れている点は、食材の状態や調理の進み具合を感触で確かめることが出来ることです。僕はこの点を非常に重要だと考えています。

ですので、手は大切にケアして欲しいです。
料理が終わった後や洗いものが終わった後は、石鹸で手首の上まで洗い、ハンドクリームを塗って下さい。
中性洗剤は脂肪分を分解しますので、落ちていないと手荒れの原因になります。石鹸で洗って洗剤を落として、ハンドクリームで油分を補給します。
冬場は特に気をつけて下さい。するとしないとでは全然違いますよ。

レシピブログに参加しています

0 件のコメント:

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...